スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

2回の納竿式

9月25日
今シーズンの釣り納め。納竿式に石徹白に行った。
20160925170536006 (400x225)
午前中は本流に入るが、流石にシーズン最後の週末
至る所に車が止まっている。
やっとこさ入渓したが・・・。
唯一、チビのバラシがあったのみ。
他に何の反応もなく午前中が終わってしまった。。

今シーズンのお礼に白山神社にお詣り。
今年も無事に釣りができありがとうございました。
無事に・・・・。ボーズだけど。
きっと、イブには。。
20160925121106003 (400x225)
昼食はシェフのケイちゃん。
これも、しばらくは食べ納め。
20160925133222005 (400x225)
イブの後は湯平に入り、締めにラーメン。
20160925212950017 (400x300)
あれ?イブは・・・。なんと反応なくボーズ。
オイオイオイオイ!!!
なんだろう、この胸の引っ掛かりは。
でも、シーズンラスト。。

翌日から釣りの終わったワークデー。




なんだか胸のわだかまりが・・・。

天気もイマイチ。


終われない。。

ウジウジ悩む木曜日。


最終9月30日は天気良いらしい。
水量も、減水方向で行けるかな?
仕事は・・・。


休んじゃえ!
どうせ有給は売るほどある!


ということで、

最終9月30日
期待高らかに石徹白向けて走り出した。
町が目覚める前に脱出。
一人、夜明けのドライブ。嫌いじゃない。
20160930051745017 (400x225)
桧峠を越える頃にはもう明るくなっていた。
20160930055407026 (400x225)
到着した石徹白は気温9℃。寒すぎる。
フリースを着て入渓したが、魚の反応は低い。
でも、スグに20cmアマゴがヒット!
まずはボーズは回避した。
前回、ボーズで納竿できなかったから・・・(^_^;)

10時を回り気温が上昇してきた。
魚の反応は少しは良くなったがメチャメチャ、スれてる。。
C&Rは当たり前か。
20160930104423045 (400x225)
でも、やっと23cmくらいのイワナがヒット
20160930104409042 (400x225)
でも、午前中はそれっきりだった。
おかしいな、忘れ物は尺イワナだったはずだけど。
せめて8寸くらい・・・。なんて贅沢考えながら昼食。
ホントは昼寝したかったけど、さすが最終日人も多いのでうかうかできない。
午後は本流見に行こう!
ということで本流行ってみたが・・・。やっぱり人が多い。
めぼしいポイントは車が止まっていた。
仕方なく、昔良くやったが、あんまり釣れていないポイントに。
入渓したが流れが昔と違っている。水量も多めで良いポイントがない。
でも、釣り上がると、昔良かったポイントでは魚が出る。
流れが変わって、水深も浅くなってるのに。
やっぱり、魚のつくポイントには何か付きやすい理由があるんだ!
なんだか、嬉しくなってきた。
と、昔良かったポイントでチョット良いイワナが出た。8寸くらいかな。
来てよかった。納竿式リターンマッチ!
20160930135923IMG_0679 (400x300)
最後はC&Rでイブすることにした。
正確には暗くなる前に帰ろうと思ったが、なんだか帰れなかった。
昔良かったポイント。アマゴ園のあたりのポイントでアマゴをキャッチ。
昔良かったポイントは生きているということが良くわかった。
劇的に環境が変わればダメかもしれないが、
少々の変化なら、魚は居着く理由があるのだろう。
ポイントの見極めかたに少し閃きがあった。
シーズン最後に良い印象を得た。
20160930161903IMG_0685 (400x300)
最後は結局、暗くなる直前までイブを楽しんだ?苦しんだ?が、
20cmイワナをキャッチし納竿した。

結局、朝からほとんど休憩なく暗くなるまで釣りをした。
こんなに真面目に釣りをするのはすごく久しぶりだ。
とても疲れた。
でも、終わってみれば10尾くらいは釣れたし、楽しい釣行だった。
最後は井上陽水の少年時代を聞きながら帰路についた。
15年くらい前から納竿式のテーマソングである。
これで、思い残すことなく納竿することができた。
今シーズンも楽しい釣りができた。
皆様、ありがとうございました。また来年。

さて、冬の準備始めるか(^^ゞ
2016-10-02(Sun)
 

今週の一冊:タープの張り方火の熾し方

ープの張り方火の熾し方
今週の一冊:タープの張り方火の熾し方

タイトル タープの張り方火の熾し方
私の道具と野外生活術
著者 高桑信一/著
出版者 東京 山と溪谷社
出版年 2014.4
形態事項 238p 21cm
ISBN 978-4-635-04412-7
価格 \2400
内容紹介
ザック、渓流足袋、タープ、鋸、テンカラ竿、毛ばり…。
季節を問わず、ハードな山行をしてきた登山歴40年超えの
著者が、渓歩きの道具と野遊び作法を紹介する。
高桑/信一
1949年秋田県生まれ。NTTを退社後、
「ろうまん山房」を設立してフリーランスに。
主に取材カメラマン、ライター、渓流ガイドとして活動。
著書に「一期一会の渓」など。

なんとなく手にとった本ですが、ハッキリ言って面白かった。
著者の高桑さんは沢登りのプロ?遡行するための道具選びというか、
道具の実用的&リーズナブルな選択というか、イロイロ面白いこだわり方の紹介。
それに、焚き火の起こし方のこだわりや、渓流での食事のこだわりなども面白いが、
何より、酒や宴会に対するこだわりもナカナカ共感できるものである。
要するに遊びには酒が必要ということで。
お奨め度:☆☆☆
2016-09-07(Wed)
 

釣りCAMP2016

あまりにもブログさぼりっぱなしで、
生きてるのか?というお問い合わせが・・・。
もう一個のブログも更新しなきゃいけないし。
あっちも、ボチボチしか書いてませんが。
mituは行きておりますし、それなりに遊んでおります。
だって、遊ばないと死んでしまいますので。
ということで、久しぶりに遊んだログを残してみます。

さてさて、いつもの北陸の渓ですが、
最近は藪漕ぎが標準となりつつあります。
20160811095527032 (400x225)
だから、釣れるのかっていうと、そうでもなく。
だけれでも、そういうところに行くのが楽しいのです。
20160811103915035 (400x225)
藪漕ぎのあとに河原にでて、
20160811113824053 (400x225)
進んで行くと良いポイントが。
これで、でなければ嘘でしょう!!
20160811121430059 (400x225)
でもコレで出ないのが、一期一会の喜びにつながるのです。
20160811110255037 (400x225)
釣れる喜び\(^o^)/
釣れないから、連れた時に嬉しんだと・・・。
ん~!なんて負け惜しみな。。

さてさて、いつものことながら、
整備の行き届いた気持ちの良いキャンプサイト!
20160812160512102 (400x225)
いつものことながら、シェフが気持ちよく、
美味しい食事とツマミを提供してくれます。
20160812203922120 (400x225)
おかげで、ビールが進む進む!
空き缶の大量製造です。
20160813122111130 (225x400)
ワインもススムススム\(^o^)/
20160814123342146 (400x225)
夜は焚き火と星空と言いたいのですが、
今回は写真がない。
代わりに羽アリの写真です。
今年は、なんでか羽アリが大発生でした。
20160811195213064 (400x225)
そして、ゲストの友人たちも釣りに挑戦!
(ちゃんと入漁証買ってますよ!)
20160812122445095 (400x225)
子供はエサ釣りでしたが、父ちゃんはテンカにラチャレンジ!
20160812180559111 (400x225)
今回は渇水で食いが悪く悪戦苦闘しましたが、
何とか一匹つれてよかった。
20160813191709138 (400x225)
て、ことで楽しいアウトドアライフを満喫しております。
なんだか、単なる報告事項で、
おもしろブログでもなんでもないな~(^_^;)
2016-08-28(Sun)
 

今週の一冊:日光鱒釣紳士物語

日光鱒釣紳士物語
タイトル 日光鱒釣紳士物語
著者 福田和美/著
出版者 東京 山と渓谷社
出版年 1999.12
形態事項 255p 22cm
ISBN 4-635-36062-8
価格 ¥1800 (本体価格¥1800)
内容紹介
およそ100年前、日光中禅寺湖と湯川に始まった日本のフライフィッシング。その地を舞台に華々しい交流を繰り広げた当時の華族や政財界の重鎮、駐日外交官。日光を愛し、鱒つりに燃えた紳士達の物語を綴る。

何気なくタイトルに惹かれ手にとった一冊だったが、
江戸末期から明治・大正、そして第二次世界大戦前の
日本のフライフィッシング創生期が奥日光中禅寺湖で始まっていた。
最初に始めたの長崎で有名なトーマス・グラバー、
その後に丸沼鱒釣会が結成され、ハンス・ハンターが
有名な東京アングリング・エンド・カンツリー倶楽部が結成された。

そのメンバーには三菱財閥の岩崎小弥太がおりパトロンであったそうな。
日中はフライフィッシングに興じ、
夜は湖畔の別荘に集い楽しくお酒を飲む。
なんて優雅なんだ。

だいぶシチュエーションは違うが、湖畔の別荘が、山奥のキャンプ場である以外は
mituの釣りcampと同じである。
mituにもパトロンが居ればな~(^_^;)と思う今日このごろだった。
しかし、この本は面白かった。

お薦め度:☆☆☆☆☆(フライフィッシャー限定)
2016-08-23(Tue)
 

NEW ITEM

最近、物欲が止まらず、スント以降も
イロイロなNEW ITEMをGETしております。
これは、きっとストレスのせいです。
間違いありません。(奥様の手前・・・。)

ということで、まずは奥様を怒らせたNo.1!
山専ボトル!
定価は約6000円で高価ですが、値引き&ポイントで・・・。
さすがコダワッている感満載です。
保温力、重量、開けやすさ!
安く買ったんですが、そのお値段に奥様お怒りで。。
あんた、いくつ水筒持ってるの!
だって、趣味だもの・・・。
20160706211005180 (300x400)
さて、次はヘッドライト!
モンベルのヘッドライトですが、
お値段も約3000円とお買い得。
20160712213528209 (300x400)
小型軽量ですし、電池は単4☓3本
20160712220252214 (300x400)
3段切り替えで、一番は相当明るいし、
20160712220308215 (300x400)
一番位のは適度に暗い。
一番暗いモード、これって、結構必要で、
テントの中で、夜中にトイレに行く時に、
もしも、一番明るいモードしかなかったら・・・。
目が覚めちゃいます。。
それに、釣りでイブニングの時のフライチェンジもコレで十分!

次は、小物ですがモンベルのメガネ紐
愛用のオークリーのジョウボーンを川で落として、
大事なタレックスのイーズグリーンを傷つけれしまった。。
こんなことが二度とないように、まともな3WAYメガネ紐を!
20160712213606210 (400x300)
でもコレってジョウボーンの大きめのエンドに丁度良い!
イイカンジで使えます。
20160712214708213 (300x400)
釣りで使いましたが、メガネ紐が抜けるこtもなく、
メガネが落下することもなく、イイカンジでした。
20160712214633212 (300x400)

そして、次のNEWアイテム
虫よけです。
クローブが虫よけとして、蚊とかゴキブリに効くとか。
分量は、クローブ10gに無水アルコール50ccにハッカ油少々
20160713184034220 (400x300)
クローブをアルコーに4日漬け込み、
その後、ボトル(アルコール対応)に移して、
ハッカ油を数滴足して完成!
20160713184828223 (400x300)
効き目の程は??

そして、最後はサッポロクラシック!
タマタマ、近所の酒屋で売ってました!
嬉しくて声が出てしまいました。
20160716183352227 (300x400)
昔、北海道を旅したときに気に入って、
そして、東京に出張したときに時々見つけて嬉しかった!
20160716183431229 (300x400)
今回も楽しんでおいしくいただいております(^^ゞ

2016-07-22(Fri)
 
FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。