家を建てるということ(3):ホームナビゲータ

今日は時間があるので続きを・・・。
チョット癖になりつつある。

そして去年の秋が来た。9月、釣りシーズンが終わり、興味のない季節が来た。
秋はやることがない。
だから車のメンテナンスのシーズン。夏までサボリ続けた作業を加速する。
その日も友人のガレージで愛車のタペット調整をした帰りだった。
タペ調

ふと、知らない道を走りたくなった。
僕は知らない道を探検することが小さな楽しみなのだ。
その日もそんな小さな冒険だった。
知らない角を曲がり、出た所が丁度ビッグフットの前だった。
そういえば程々の家のモデルハウスが出来たと、ポストカードが郵送されてきたことを思い出した。
チョット寄っていくか。
ビッグフットに顔なじみの営業がいるわけではない。
受付だけすれば、ほとんど放任の変わったハウスメーカだ。
この日も受付を済ませ、モデルルームを勝手に見て回った。
お目当ての程々の家は、ここには無かった。
別の敷地に建てたと地図を渡された。
それは普通の住宅街に建っていた。
特徴的なのは裏にワンダーとログが建っていること。
ビッグフットが分譲した土地らしかった。
程々の家の見学者は僕だけだった。
見学を済ませると営業マンが話しかけてきた。
「良い車ですね」
「オンボロですよ」と、
そのあとしばらく車やバイク談義に花が咲いた。
お互いの住処が近所であることを知った。
そして家族の話になり、お互い同じ年の娘がいる。
そして娘たちは同じ幼稚園に通っていた事をしり、
最後にお互いが同じ歳であることを知った。
なじみの営業マンが出来てしまった。

つづく・・・
スポンサーサイト
2006-09-13(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる