スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:岩手は今日も釣り日和

岩手は今日も釣り日和 (289x400)

タイトル 岩手は今日も釣り日和
著者 村田久/著
出版者 東京 小学館
出版年 2013.7
形態事項 223p 20cm
シリーズ名 BE-PAL BOOKS ビーパル ブックス
ISBN 978-4-09-388308-5
価格 \\1600 (本体価格 \1600)
内容紹介
一日一日が、釣り日和-。岩手県在住の著者が、東日本大震災で失ったものの大きさを胸に刻みつつも、川

を歩き、山にはいり、魚とやりとりをする日々を綴る。『Fly Fisher』連載に加筆して書籍化。

Fly Fisher誌の連載されているエッセイのようです。
普段、Fly Fisher誌を愛読していない
mituなので知りませんでした。
何気なくタイトルで、この本を手に取りました。
理由は、mituの本籍地が岩手県だから。
mituのルーツは岩手にあるのです。
ですが、本家とは縁遠く、あまり親交がありません。
なので、生まれて一度しか行ったことがありません。
でも、爺ちゃんの生まれた土地に興味がない訳ではありません。
さて、本題ですが、この本は素晴らしいエッセイです。
なぜなら、一週間で読み終わってしまいました。
素晴らしく読みやすい。
でも・・・・。
この本の前半は、東日本大震災の、あの悲しい時を描いています。
直接の被害ではありませんが、悲しい時を思い出しました。
mituも、ある意味の被災者なのかもしれません。
今も東北に行くことができません。。
でも、この本の中盤からは復興と、釣りの楽しさ、
古き良き時代の思い出。
そして、楽しい釣りを思い出さしてくれます。
とても、釣り人が思いを馳せる本です。
あ~釣りに行きたい!!
お薦め度:☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
2014-08-29(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。