スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:モロッコで断食 愛と断食の日々編

モロッコで断食2

書名 モロッコで断食(ラマダーン) 愛と断食の日々編
著者名 たかの てるこ/著
出版者 幻冬舎
出版年 2002.4
大きさ 19cm
ページ数 289p 図版16p
一般件名 モロッコ-紀行・案内記
一般件名 フランス-紀行・案内記
一般件名 スペイン-紀行・案内記

前編につづき読破。
先に結論を書く。
「色恋沙汰ばかりかよ!!」
前編の後半はスペイン人のミケルとの恋路
後編はモロッコの現地民ガリットとの恋路
ストーリーも描写も悪くない。
でも、若いとはいえ旅行記のエッセイで色恋沙汰に終始するのはどうかと思う。
「これだから女の独り旅は・・・。」と言いたくなる。
だけど、その気持ちもわからなくもない。
それだから旅はと言いたいところもある。
うらやましいな・・・。若いって。
それ以外にもイスラム教の精神が少し説かれていて、
断食(ラマダーン)することにより食事と水の
ありがたみを噛みしめるといった感謝の気持ち。
豚肉を食べないのは昔、伝染病の媒介をしたから、
キリスト教とユダヤ教とイスラム教は兄弟
だとか、結構良いことが書いてある。
思わず「イン・シャー・アッラー!(すべて神の思し召し)」
と言ってみたくなる一冊だ。

お奨め度☆☆☆☆
スポンサーサイト
2006-11-20(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。