今週の一冊:風になれ、波になれ

IMG (286x400)

ISBN 4-635-28018-7
書名 風になれ、波になれ
副書名 野田知佑カヌー対談集
著者名 野田 知佑/著
価格 ¥1300
出版者 山と渓谷社
出版年 199105
大きさ 19cm
ページ数 225p

やっぱり、夏には野田ともすけ!
ということで、もう、ほとんど読んでしまったのですが、
残り少ない未読書からチョイス(´▽`)

少し古い本で、まだ長良川河口堰で戦っていた頃の著書。
すでにあれから、20年以上が経ちました・・・。
非常に、闘争心の高い野田さんの吠える言葉が記されています。
あの頃に比べると、最近のエコブームも含め、
みんなの意識も変わったと思います。
自然に対する感じ方、考え方、接し方。

でも、この頃の野田さんの叫びを忘れてはいけないと思うのです。
我らが、本流でも酷いことになってます。
魚は今年の放流魚ばかり。
上流のあの堰堤が必要なのですか?
人間の人工物が必ず自然を抑えられるのですか?
壊れるための堰堤が必要なのですか?
なんのために?
たまに釣りに行くだけの人間がそんなことを言うのは失礼です。
解っていますが・・・。

この本を読むと、本当は何も変わっていない!
ということを感じてしまいました。
今年は、もう・・・本流にはいかないかもしれません。
スポンサーサイト
2011-08-07(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-08-16 14:02 |  |    [ 編集 ]

FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる