今週の一冊:歩いてゆくだけの旅

20090901あるいてゆくだけのたび
ISBN 4-8096-7559-1
書名 歩いてゆくだけの旅
副書名 屋久島 カナダ 韓国 北海道 ポルトガル 東海道 日本列島横断
著者名 伊名/秀太∥著
価格 ¥1524
出版者 東洋出版
出版年 2008.2
大きさ 19cm
ページ数 354p
抄録
時には道草を、時にはほかの川と合流しながら…。日本、カナダ、ポルトガル、韓国をひたすら歩き続けた著者。様々な人と出会い、様々な光景を目に焼き付けた22歳から36歳にかけての7つの旅を綴る。
著者紹介
1964年福井県生まれ。大学進学で上京。31歳で帰郷し、山仕事に就く。著書に「掌の授業」など。

mituが本を読むようになった切っ掛けはシェルパ斉藤が
ビーパルに連載していた行き当たりばっ旅を読んでから。
あまりのおもしろさに単行本「213万歩の旅」東海自然歩道1343kmを全部歩いた!を買ってから。
毎回のビーパルの連載も楽しみすぎて、ビーパルを買うのをヤメマシタ。
だって、来月が待てなくなってしまったので。単行本が出たらまとめて読めて唯一満足できる方法だって思ったから。
ま、そんな感じで歩きの旅にも興味がある。(本人やる気はないが・・・。)
ちなみにこの本も歩きの旅だが・・・。
青春の悩みや、恋愛の苦しみなんかも書かれていて、どちらかと言えば面白い本だった。少なくても半分までは。
それなりの歳になって、歩きの旅を楽しむ余裕が出来たのと同時に、難しい理屈が入ってきて・・・。読む方としては、あんまり。良くあることだ。
ま、そういう感じで。
お奨め度:☆☆
スポンサーサイト
2009-09-02(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる