今週の一冊:イエメンで鮭釣りを

イエメンで鮭釣りを
ISBN 4-560-09002-2
書名 イエメンで鮭釣りを
著者名 ポール・トーディ∥〔著〕
著者名 小竹/由美子∥訳
叢書名 EXLIBRIS
価格 ¥2500
出版者 白水社
出版年 2009.4
大きさ 20cm
ページ数 368p
抄録
研究一筋の真面目な学者フレッドは、砂漠の国イエメンの富豪から、母国の川に鮭を導入するため力を貸してほしいと依頼される。およそ不可能と返事を出すものの、なんと首相官邸が興味を示し…。奇想天外な計画の顛末やいかに?
著者紹介
1946年生まれ。オックスフォード大学ペンブルック・カレッジで英語英文学を学ぶ。

”鮭”というキーワードに反応して借りてみた。
イエメンといういう国にがどこにあるのか知らなかったがグーグルで調べると、
中東のサウジアラビアのお隣。バリバリの砂漠の国である。そんな国に鮭??
ストーリーは日記やEメールそれにインタビューや議会議事録といったもので構成されており、何がなんだかわからない進み方。
そして最後にドタバタで決してハッピーではない終わりかた。
なんとも言えない本だった。
イギリスの物質文明と、政治家のエゴ、それと対照的なイスラムの教え”信じる心”。
釣り師は釣れないかもしれない川で、釣れると信じて糸を垂らす。
信じる心はとても大切だ。来週は信じる心を試しに行こうと思う。
お奨め度:☆☆
スポンサーサイト
2009-06-08(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる