今週の一冊:WE LOVEジジイ

20090515WE LOVEジジイ
ISBN 4-16-327840-7
書名 WE LOVEジジイ
著者名 桂/望実∥著
価格 ¥1429
出版者 文藝春秋
出版年 2009.1
大きさ 20cm
ページ数 255p
抄録
町村合併で町のお荷物になっている旧川西村。
都会の生活を捨て田舎暮らしを選んだ元コピーライターは、
地域活性課職員に強引に勧誘されて、町おこしに乗り出す羽目に。
しかも安易な企画が通り…。
著者紹介
1965年東京都生まれ。大妻女子大学卒業。
会社員、フリーライターを経て、2003年「死日記」で
エクスナレッジ社「作家への道!」優秀賞を受賞しデビュー。
他の著書に「県庁の星」など。

深い意味はナニもない。
ただ、最近元気すぎるジジィ達と遊ぶ機会が多く、
その、元気すぎる先人達とコラボするmituをイメージして借りてしまった。
まだ見ていない映画、織田裕二主演の県庁の星の作者とは知らなかった。
最初は陰鬱な雰囲気で始まるストーリー。
でも、とても読みやすく、映画の脚本を読んでいる様に場面が頭に浮かぶ。
友人の自殺の引き金を引き、妻に見切られ田舎に引きこもった主人公。
お節介で要領の悪い町役場の池田という男に町おこしに巻き込まれる。
そして、田舎の愛想の悪いが心優しいジジィ達。
ハッピーエンドでとても良い話だった。
読み終えてから作者が女性であることに気づいた。
男性が書いたエッセイばかり、読んでいたが、
女性の文章は読みやすいことに気づいた。
あまり、この手の小説を読まなかったが、
こういうのも面白いなと感じた。
心が洗われた一冊
お奨め度:☆☆☆
スポンサーサイト
2009-05-16(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる