今週の一冊:オバサンとサムライ

20090507オバサンとサムライ
ISBN 4-7966-4200-5
書名 オバサンとサムライ
著者名 養老 孟司∥著
著者名 テリー伊藤∥著
価格 001048
出版者 宝島社
出版年 2004.8
大きさ 19cm
ページ数 253p
抄録
日本人には武士道よりオバサン道だ! ベストセラー作家である養老孟司と、分析の鋭さ・批評性で右に出るものはいないとされるテリー伊藤が、真正面から「日本人はどうすれば元気を取り戻せるか」というテーマで論じ合う。
著者紹介
<養老 孟司>
1937年神奈川県生まれ。北里大学教授、東京大学名誉教授。幅広い領域で著作活動を 行う。
<テリー伊藤>1949年東京都生まれ。演出業、タレント、コメンテーター等で活躍。

さすが養老孟司先生というところだろう。
しかし対談の相手が
テリー伊藤というところが笑える。
テリー伊藤はどちらかというと
車好きの悪いヤツのイメージが強い。
まじめなテレビ番組で政治に対して
毒をはいてるまじめな人の印象よりも・・。
本の内容はとても良いことが書いてある。
mituも常々感じてはいるようなことだが、
養老先生の解説はフ~ン!なるほど!と唸らされる!
たとえば、日本のことをもっと自信をもって褒めても良い。
とか、自分が変化していることを受け入れろ!
とか、世の中か変化していることを受け入れろ!
という様なことが、論理的に説明されている。
イロイロ理不尽に感じることも必然だったりするんだね!
お奨め度:☆☆☆
スポンサーサイト
2009-05-08(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる