今週の一冊:近視レーザー手術ガイドブック

20090422近視レーザー手術ガイドブック
ISBN 4-901347-25-9
書名 近視レーザー手術ガイドブック
巻次 2009年版
著者名 矢作/徹∥著
価格 ¥800
出版者 ウィズダムブック社
出版年 2008.12
大きさ 20cm
ページ数 334p

レーシック (LASIK: Laser in Situ Keratomileusis:角膜屈折矯正手術)
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。
普通のレーシックの他に最近はイントラレーシックと呼ばれるモノがあるようだが、その差は普通のレーシックとはマイクロケラトーム(カンナのような機械)で角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作るもので、イントラレーシックとはイントラレース(レーザー)でフラップを作るものである。、
そしてフラップをめくり、表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を削る。フラップを元の状態に戻すのが手術の手順である。
視力は術後直後から1日程度で矯正されるが、安定するには半年程度かかるようである。

この本の著者は錦糸眼科の院長 矢作氏が書いたモノである。
http://www.kinshi.or.jp/
近視や遠視に乱視に老眼のメカニズム、それに角膜屈折矯正手術の歴史なども書かれている。また、レーシックの危険性なども書かれており、大きくは機材の進歩で解消され、優秀な機材とメンテナンスそれと医師の技量が重要とのこと。
ホボ疑問は解決される内容となっている。
当然ながら、自分の病院のセールスも含まれており、この本を読むと錦糸眼科がいかに良いか洗脳されることとなる(笑)
それにしても、mituも相当目が悪いのでレーシックは非常に気になる。また、最近身の回りでも何人かが施術しており、羨ましくも興味津々である。
いつかは受けたいが・・・。
なにぶん高いな~!と思う今日この頃
検診だけいってみようかな~。。
お奨め度:☆☆☆(目が悪くてレーシックに興味がある人のみ)
スポンサーサイト
2009-04-23(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

ログハウスに興味があって時々読ませていただいてたものです。
レーシックは一般の眼科医で手術を受けてるDRは私の知ってる限り一人もいません。知り合いのとこで受ければタダで受けられてもです。
十二分に慎重に考えてくださいね。
2009-04-25 15:58 | 某眼科医 | URL   [ 編集 ]

to 某眼科医さん

某眼科医さんドーモ!
貴重な意見ありがとうございます。
たしかに、エンジニアのmituとしてエキシマレーザーの角膜照射って網膜等他の器官に対してどうなんだろう?という疑問があります。
そういうリスクを言われているのだと思いますが、間違ってます??
某眼科医さんも眼科医なんですよね?
mituは不同視なエンジニアなので仕事が忙しくなると、ひどい肩こりと、もっとひどいときには頭痛になります。
ま、そんなこともあって、未来の医療技術としては大注目です。
でも、如何せん30マンは高すぎ!当面お預けです。(安いところでやる気はないし・・・。)
でも、今から事前検診だけ行ってきます。
レーシックの可能性は捨てられません(笑)
2009-04-26 08:36 | mitu | URL   [ 編集 ]

FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる