スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:101歳の少年

101歳の少年
ISBN 4-408-61131-X
書名 101歳の少年
著者名 三浦 敬三∥著
価格 1400
出版者 実業之日本社
出版年 2005.2
大きさ 20cm
ページ数 189p
抄録
人生、山あり、雪あり…。101歳で山を登り、スキーを滑走する。トレーニングで鎖骨を折っても動じない。そんな「うるとらじぃじ」三浦敬三が、超ポジティブな日常を綴ったエッセイ。元気に楽しく暮らすヒントが満載。
著者紹介
<三浦敬三>1904年青森県生まれ。日本スキー界の草分けのひとり。99歳で仏モンブラン滑走、100歳 で米スノーバード親子4世代滑降。101歳の現在も現役スキーヤーとして滑り続けている。

mituは最近、元気なジジィ達とよく遊んでいる。
そのジジィ達はmituよりパワフルで、とても自由で遊びを良<知っている。
そんな自由なジジィ達を見ていると、mituも、ああなりたいなと感じる。
年齢を重ねることが怖いとは全く感じなくなった。
さて、この本は、かの有名な三浦雄一郎さんのお父さん敬三さんの著書
息子の三浦雄一郎にして75歳エベレスト登頂は記憶にあたらしい。
還暦を過ぎて初海外。
100歳にしてステンマルクとスキー。
そのほか諸々、100歳を過ぎてまだ夢がある。
前のmituなら、ありえないことだと考えたと思う。
でも、遊び人は死なず。遊ぶのを止めるときは死ぬときだ。
最近はそう思う。
三浦敬三さんは2006年に101歳で亡くなられた。
なくなるまで遊び倒した。尊敬すべきジジィだと思う。
そういえば雑誌スキージャーナルに"スキーでアンチエイジング"
なんて記事が載ってたな。
mituもモット、モット遊んで魅力あるジジィを目指したい。
さて、次は何をして遊ぼうか??
スポンサーサイト
2009-04-03(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。