今週の一冊:森の生活-ウォールデン

20090225森の生活1 20090225森の生活2
ISBN 4-00-323071-X
ISBN 4-00-323072-8
書名 森の生活
巻次 上/下
副書名 ウォールデン
著者名 H.D.ソロー/著
著者名 飯田 実/訳
叢書名 岩波文庫
価格 ¥602
出版者 岩波書店
出版年 199509
大きさ 15cm
ページ数 330p/335p

ヘンリー・デビット・ソローがマサチューセッツのコンコード郊外にあるウォールデンという湖の畔で2年くらしたことを書いた本である。
本の内容は森の中で自分と見つめ合って暮らす楽しみと、見栄を張ることなく、質素に暮らせば、無理に働かなくとも豊かな生活が出来るという理念のもとそれを実行している。
環境破壊や進みすぎた文化に警告を発するような内容ともなっている。
驚くべきことに、この本は1850年くらいに書かれた本であるということ。
日本は明治維新前の江戸時代である。
そんな時代にすでにそんなことを考えていたなんてスゴイ人である。
この本は、その他にも精神文化や哲学そして詩的な表現と、とても19世紀に書かれたものとは思えない、今の世界を予言しているような内容である。
しかし、いかんせん、表現が難しすぎる。時間が掛かってしまった。
この本は田渕義雄さんのエッセイの中にしばしば登場する。(それを見て読むことにしたのだが)田渕さんがいかにこの本の影響を受けているのかとてもよくわかった。
そして、田渕さんの考え方がよくわかった。
そして、mituも少し考えるようになった。いろいろなことを・・・。

お奨め度:☆☆
スポンサーサイト
2009-02-25(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる