スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:アウトドアライフは終わらない

アウトドアライフは終わらない

ISBN-13: 978-4794975584
書名  アウトドアライフは終わらない
著者名 田淵義雄/著
価格  ¥1800
'出版者 晶文社出版
出版年 2001/07
大きさ 18.4cm
ページ数 302p

昔、Fly Roddersというフライフィッシングの雑誌に、
田渕義雄のエッセイが連載されていた。
とても、美しい言葉の響きをもったエッセイだった。
隔月で発行されているこの雑誌を買う楽しみの一つだった。
もう、何年も田渕義雄の本を探していた。
mituは、本との出会いを大事にしている。
お取り寄せはあまり好みではない。
しかし、図書館にリクエストというシステムがあることを知った。
試しにお願いしたのが、この本だった。
とうとう、田渕義雄を読む。
この本の原稿は、昔、アウトドア・イクイップメント誌
という本に連載されていたそうだ。
90年代のアウトドア・ブーム時代にそんな雑誌があったような気がする。

最初の一章はmituがお気に入りの田渕節とも言うよう文章で、
早春の千曲川にたたずむフライフィッシャが描かれていた。
でも、その先は田渕さんの思想と青春時代が前面に出た内容で、
mituが想像した田渕義雄の本とはチョット、ズレていた。

この前に読んだ野田さんの本は、この本が来たことで、
急に色あせてしまい、急ぎ足で読んでしまっていた。
そのことが悔やまれた。

その後、田渕節はガーデニングに移り、何かギャップを感じていた。
ところが、中盤まで来ると、急にメッセージ性を感じるようになってきた。
アウトドア用品を紹介している雑誌に連載されているエッセイのはずなのに、
North Faceを否定し、アウトドアライフを否定し、田舎暮らしを否定していた。
でも、あの人はそれを望み、実現し、楽しんでいる。
メディアに作られた彼の姿に憧れ、同じことをしても、ダメだと言っている。
彼は言っている、田舎は閉鎖的で何もないと。
彼は、言っている、孤独が友人だと。
たしか野田さんも同じようなことを言っていた。
孤独を恐れない。孤独を楽しむ術について。

昔、若いときにバイクでツーリングに出るとmituは思った。
やっぱり「ソロ」が一番だと。
走りたいときに走り、止まりたいときに止まる。
飛ばしたいとき飛ばし、ゆっくり走りたいときにはゆっくり走る。
そんな自由が大事だということを。
田渕さんのそれは、「自由に生きろ」ということのメッセージだと感じた。

田渕さんの本は言葉が詩的で、ととも美しい。流れがある。
最後にはモット読みたいと感じていた。とても、いい本だ。

お奨め度:☆☆☆☆☆(満点[注])
(万人向けではありません。)
スポンサーサイト
2008-12-19(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

田渕義雄さんは、文章は昨年一年間、NHKテキスト趣味の園芸で、寒山での生活(ガーデング話が多い)に関してのエッセイを連載していて、毎月楽しみに読んでました。久々に田淵節が読みたくなりました。
2008-12-20 00:01 | mogeki | URL   [ 編集 ]

初めてコメントさせてもらいます。
2年前にビッグフット東愛知でファントムを建てた者です。
今回お歳暮が届いたそうですが、我が家にはお中元もお歳暮も届きませんでした。
家を建てて1年目の人だけしかもらえないと思っていたんですが違うんですか?!
よかったら教えてください。
2008-12-20 00:01 | ファントム | URL   [ 編集 ]

to mogekiさん

mogekiさんドーモ!
田渕節良いですよね!
mituはあまり花に興味はないんですが、
食べられる野菜専門です(笑)
田渕節大好きです。
もっと読みたいんですが・・・。
2008-12-21 23:22 | mitu | URL   [ 編集 ]

to ファントムさん

ファントムさんドーモ初めまして。
2年前ってことは同じ時期ですね。
特にどういうルールになってるかしりません。
ヒョッとしてmituだけ特別??
一度営業さんに聞いてみてください。
2008-12-21 23:26 | mitu | URL   [ 編集 ]

FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。