スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:アホでマヌケなアメリカ白人

アホでマヌケなアメリカ人

書名 アホでマヌケなアメリカ白人
著者名 マイケル ムーア∥著
著者名 松田 和也∥訳
出版者 柏書房
出版年 2002.10
ページ数 309p
一般件名 アメリカ合衆国

別にマイケルムーアが好きな訳でも、彼の映画を見たわけでも無い
何となく、ふざけた表紙の絵とタイトルに惹かれて手に取った。
高校生くらいの時はアメリカに強烈にあこがれた時期がある。
車もファッションもアメリカにあこがれた。
アメリカが世界の中心で常に正しいと思っていた。
そして就職した。
昔から、浪花節の日本と契約社会のアメリカと、
ビジネススタイルに違いがあると教えられて来た。
チョット前、アメリカの会社と仕事をした。
そして、アメリカ人のエンジニアと仕事をして強く感じたことがある。
こいつら、俺たちを嘗めている
お金を出すカモぐらいにしか思っていない。
契約なんて、奴らの隠れ蓑でしかないんだと思った。
要するにそれ以来、その人が嫌いになったということだけだ。

そして、最近アメリカのやり方に疑問を感じ始めていた。
京都議定書拒否もそうだし、イラク戦争もそうだ。
何か、自分たちの経済第一主義
環境も、他国の利益も二の次だ、世界をアメリカに変えようとしている。
疑問を感じていた。
この本は強烈な社会風刺で、アメリカの現状を教えてくれたような気がする。
やっぱり、今のアメリカは正しくないと思った。
日本の政治も右にならってる。

お奨め度☆☆☆
スポンサーサイト
2007-07-18(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

マイケル・ムーア監督、好きです。映画『ボーリングフォーコロンバイン』は秀作だと思います。色々な立場、側面から全体を捉えたいな・・と思います。
2007-07-19 22:37 | mini | URL   [ 編集 ]

FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。