スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:やったモン勝ち!

やったモン勝ち!

書名 やったモン勝ち!
副書名 海外でタイヤキを売るという無謀でささやかなワーキングホリデードリームズ
著者名 井上 剛/〔著〕
出版者 筑摩書房
出版年 2002.3
大きさ 19cm
ページ数 249p
一般注記 表紙の書名:Do fact!
一般件名 モントリオール-紀行・案内記
一般件名 飲食店

ワーキングホリデーでカナダに行きタイ焼き屋をやった筆者の体験談
行き当たりばったりにワーキングホリデーでたい焼き屋をやった訳ではない
用意周到。たい焼き屋をやりにカナダに行ったのである
筆者はセブンイレブンジャパンに入社しマーケティングを勉強
それも勉強するために入手したらしい
そして独立→ワーホリでたい焼き屋らしい
本当はパリでやりたかったそうだがパリは失業問題で外人の就業が規制されておりダメ
そこで北アメリカのパリといわれるカナダのモントリオールで実現したんだって
まずはフランス語の勉強のため語学学校に通い
店さがし。本当に苦労してお店を見つけた
店探しの苦労はmituの土地探しの苦労に少しオーバーラップするモノがあり共感した
そしてイラン人のクレープ屋を冬の間だけ店を借りて営業
開店準備の中でたい焼きの機械がうまく動かなくて電気屋さんを呼んだ
そこに来た電気屋さん体調が悪い中呼び出されチョットご機嫌ななめ
で、作業工賃、100ドルくらいが相当なのに、40ドルでいいって
その理由にmituは感動した
「確かに今日の仕事は40ドルの仕事ではない。
でも君たちはお金以上のものををくれたじゃないか。
ハンカチで汗を拭いてくれたり、
ドリンクを勧めてくれて私の身体を気遣ってくれたし
私にはそういう方が価値がある。
それに君たちの国は僕の祖国バングラディッシュに毎年援助してくれている
そのおかげで多くのバングラディッシュの人々が助けられているんだ。
君たち僕は君たちのことが大好きだ。
これからも電気のことで困ったことがあったら、
いつでも連絡をくれ。何かあったら飛んでくるよ。」
日本のODAも捨てたモンではないらしい
筆者はこんなに良い経験をして野心家で成功している。
でも、mituは筆者が嫌いだ
なんと言っても同じ歳というのが気に入らない(爆)

ワーキングホリデーの制度は先輩がオーストラリアに1年行っていた。
行く前にmituは先輩に聞いた
mitu:「先輩、英語しゃべんれるんですか?」
先輩:「マヨネーズ~!」
mitu:「・・・・格好良すぎる(^^;)」
こっちの方がmitu向きだ(笑)

お奨め度☆☆☆
スポンサーサイト
2007-07-01(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。