スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今週の一冊:銀輪の覇者

銀輪の覇者

書名 銀輪の覇者
著者名 斎藤 純
出版者 早川書房
出版年 2004.6
大きさ 20cm
ページ数 435p

記念すべきハンモックで読んだ最初の1冊

その本の厚みと活字の小ささに詰まらなかったら
読むのをやめようと思いながら借りた。。
自転車レースの小説。
ただし、普通の自転車レースではない。
時代設定は戦争中の昭和9年
多額の賞金が出る本州縦断自転車レース。
自転車はなぜか実用車(レース用自転車ではない)

なんだか訳がわからないまま読み進めるが意外な展開に。
そのくせ出てくる自転車レースの技術はツール・ド・フランスなみ
主人公の響木と即席寄せ集めチームを結成した4人。
登場人物の怪しい関係。
意外にも手に汗にぎる自転車冒険小説だった。
最後には感動のラストシーン。mituも思わず涙してしまった
是非、映画化してほしい作品

お奨め度☆☆☆☆
スポンサーサイト
2007-05-04(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。