今週の一冊:ダッチ・オーヴン生活

ダッチ・オーヴン生活


書名 ダッチ・オーヴン生活
著者名 菊池 仁志(ピエトロ)/著
出版者 日刊スポーツ出版社
出版年 2000.2
大きさ 21cm
ページ数 192p
一般件名 料理

図書館を徘徊していて、ふと料理の本が読みたいと思った。
そして選んだのがこの一冊。

数年前にダッチオーブンが流行った。
でも、mituはダッチオーブンに興味がなかった
ダッチオーブンは重い!
鋳鉄でできているダッチオーブンの重量は半端ではなく、
大きさによっては10kgくらいある。
バイクツーリング派のmituのキャンプ用具のモットーは軽量コンパクト
ダッチオーブンは相反するものなのだ。

以前のmituの住家はエレベータの無い団地の5F
ダッチオーブンなんて選ぶはずがないのであった・・・。

しかし、昨年夏のキャンプ。友人のダッチオーブンで鹿肉のポトフを作った。
鹿肉と野菜をにニンニクとコンソメスープの味付けでワインで煮込む。
それだけで、信じられないくらいにおいしい料理となったのを覚えている。

ダッチオーブンは鋳鉄故に熱が逃げにくい。
また、重いが故に圧力釜のような働きもある。
この本にはフライドチキンだとか、パン作りだとか一杯レシピが載っている。

それにもまして、レシピ一品一品に書いてある著者の思い出が楽しい
著者のエッセイの最後が、
「この料理をダッチ・オーブンで作ったら、もっと旨いに違いないと思った!」
と締めくくられているのが楽しい。
それに、イラストもとても魅力的だ。
水彩で書かれたイラストはとても雰囲気にあっておりとても良い。

この本を読んで、今からダッチオーブンもいいなと思ってしまった。
しかもダッチオーブンはIHで使えるものもあるらしい・・・。

庭が終わったら、料理に凝ってみるのも良い
キャンプで焚き火にダッチ。それも良い!
年に一度のFly Fishingの北陸遠征で、イブニングの前にダッチオーブンを仕掛け
釣りが終わって戻ったら食事が出来ているなんて、なんて素敵なシチュエーションなんだろう!
キャンプだけじゃない。ヒマな土曜日にキッチンでフライドチキンを作ろう。
IHのコンロも良いが、折角なら庭で炭火を起こしても楽しそうだ。
折角なら庭の片隅にバーベキューコンロを作っても良い。
ダッチオーブンで料理に凝るのが先か?
庭にBBQコンロが先か?
楽しみは無限大だ!

著者が会長をしているJDOSのURL↓
http://www.jdos.com/index.html

お奨め度☆☆☆☆☆(満点)
というよりこの本はもう買うしかない!
スポンサーサイト
2007-03-10(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

ダッチネタですね!
実はしーぼー家にはロッジのキャンプオーブン12インチがあります。
シーズニングまではやりましたが、それ以降は使っていません(トホホ)。
というかダッチで料理をしたことがありません(汗)。
やらなかった理由は、mituさんと全く同じ!
登山を始めてから軽量化の波にのまれ、今ではキッチン下で眠ってます。
ダッチの達人みたいな人のサイトで読んだのですが、ダッチとIHは相性がいいようですよ。まぁ、どうせなら七輪やBBQコンロ、ファイヤースタンドとかで料理した方が断然いいでしょうけど…(ワイルドに)。
しーぼーは七輪でやろうかなと思ってます。でも12インチじゃデカイかな(汗)。
そこで狙っているのがロッジのコンボクッカー!
スキレットと深鍋がセットになってます。このくらいのサイズが手頃かなと…。
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=811875
料理したら教えて下さいね!先にできて羨ましい(涙)。
2007-03-11 01:59 | しーぼー | URL   [ 編集 ]

しーぼーさんドーモ!
mituもダッチオーブン(略してDOというらしい)を買うまでもう少し時間かかかりそうです。
気持ちに余裕が出来てから料理道に入りたいかと。
たしかしーぼー邸はガスレンジですよね。
だったら12inchそのまま使えますね。
mitu邸はIHなのでキャンプDOは3本足が邪魔で使えません。
そこでキッチンDOにしようかと思ってました。
コンボクッカー一挙両得でいいですね。
本気で買うときが来たら真剣に悩んでみます。
まだ、今は真剣にお庭です。
2007-03-11 07:36 | mitu | URL   [ 編集 ]

FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる