スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

融資実行!

今日建物分の銀行融資が実行された。
・・・らしい。
どうせ通帳の中だけの話である。
そのままハウスメーカーの口座に横流しされていった。
ついでに、手数料分連れて行かれた・・・。
これで、オレも立派な大人に成長した。
借金抱えて一人前って言うじゃない!!(泣)

あとはWD完成待つばかりさ!!
と言いたいところだが、残りの予算の管理しなきゃ!
どっかの携帯会社じゃないが、
予想外!!
な出費がいっぱいじゃ~~!
みんな ¥0 なら良いのに~!
↑どっかの携帯会社、決して¥0ではないです。注意してね。
スポンサーサイト
2006-10-31(Tue)
 

家を建てるということ(9):ワンダーデバイス契約

土地が決まれば、次はBF。
今月中契約ならキャンペーンで2%Offだって。
やっぱり追い風吹いてる気がした。
仕様決めもソコソコにワンダーデバイス契約した。
建物はWDで迷いは無かった。
嫁もワンダーデバイス以外は眼中に無かった。
モトモトWDが似合う土地を探したのだから・・・。
そういえば某不動産やで失笑されたっけ。
「そういう人、時々いるんですよね。でも、それ逆ですから。
ほら注文住宅なら土地の形に合わせられるでしょ?」って。
確かにおっしゃる通りです・・・。
でも、それが俺の生きる道! ははハハ!!

とはいうものの、BF&WDに決めるまでにはイロイロ迷いはあった。
インターネットの世界では某巨大掲示板サイト●chには
BFやWDの事を悪く書いているモノもあった。
それにWDも同種住宅に比べて坪単価も安くはない。
正直WDの図面をせしめて他の建築屋に作らせようかとも考えた。
しかし、それは思いとどまった。
偽物は偽物である。DNAまではマネできない。
BFの営業さん。一生懸命やってくれていると感じてた。
そして、何より決定的なことに他のモデルハウスなんかを見て、
WD以上に「グッ!」とくるモノは見つからなかった。
それは見慣れたせい?
洗脳されてるの?
でも、この印象を大事にしたかったのである。
自分で満足できるなら、それが最高だと思った。
つづく。
2006-10-30(Mon)
 

ガルバきた!!

等々、外壁の板金工事が始まりました。
そう、WDの特徴の一つ、ガルバリューム鋼板が張られるのである。
ガルバ1

ガルバリューム鋼板とは・・・。
↑よくわかりません(泣)
そこでググって見ると・・・
ガルバリューム鋼板とは、アメリカのベスレヘムスチール社で開発された、アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板です。
その組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなっています。
その特徴は、亜鉛鉄板の3~6倍の耐久性、オーブントースターや炊飯器などにも使用されることから、優れた耐熱性を持っています。
また、表面の熱反射性が大きいため・・・。 ということだそうです。
WDではアイジー工業のガルスパン25という製品を使用してます。
http://www.igkogyo.co.jp/
ガルバリューム鋼板の内側にウレタンフォームを施した製品で、厚みが25mmになっています。
ガルバ2

我が家ではブルーを採用しました。
東愛知展示場ではグリーンですが、アイジー工業がグリーンを廃盤にしたのでカタログ落ちしました。
あれはあれで良かったのに。そこで代わりにガンメタがカタログinしました。
東愛知のWDはガンメタにお化粧直しするそうです。
格好良かったら・・・。
チョット損した気分になるな(怒)

ということで、前置きが長くなりましたが、ガルバ張りが始まりました。
たぶんこの調子だと、来週には青い石けん箱になるでしょう!
そしたら、外観はWDそのものです!!(喜)
楽しみです~~!!
2006-10-29(Sun)
 

ワンダーな壁!

10/28現場にお邪魔した。

壁がワンダーになっていた!
板張り1

ワンダーの特徴は内壁がクロスでは無く板張りの壁である。
コレが何とも良い。
ログ壁では無いが、壁がほとんど板張りなので常に
木の香りが楽しめる。
この雰囲気がワンダーの最大の魅力だと思う。

既に1階2階とも板張りが始まっていた。
それまでは単なる在来工法のお家であったが、
急にWDらしくなってきた。
板張り2


午後から友達の見舞いに行ってきた
会社の同期がバイクで事故にあった。
前日、退社時にお互いの近況をしゃべりつつ、
mitu:「最近、俺達、おとなしくなったよネ!
友人:「だって、道路で車に抜かれてもカッカしなくなったモノ(笑)」
mitu:「年だって!」
なんて、話をしていた矢先なのでビックリ!!
でも、病院行ったら背骨が欠けたけど、元気そう?だったので良かった!
とはいえ胴体ギブス(腹回り石膏固め)でベットから起きあがれない状態。
その後、イロイロとバカな話をして帰ってきた。
あー楽しかった!!
↑(大事でなくて良かった♪・・・。)
2006-10-28(Sat)
 

家を建てるということ(8):融資&土地契約

久しぶりにコレを・・・。


それから数日後、電話があった。
「先客がキャンセルしたんで、あなたの番です。」って。
オーイ!喜んで良いのか?
心の準備も金の準備も何にも出来てない。まさに、寝耳に水。

この土地、買っても良いのか俺!
後悔しないか俺!
金あるのか俺!
ギャ~~~~!
何考えればいいんだ~~!

まず、この土地にするかどうか考えた。
悩んだ。
僕の親は転勤族。出身は東北で育ちは愛知県。
県内を転々とした。海部郡、豊橋、名古屋市。
結婚して新居とした今の大府が僕の人生で一番長く住んだ土地。
でも、地元感は正直ゼロ。地域に友達の1人もいない。
嫁の一家は九州出身。でも生まれは愛知で地元感タップリ。
悩んだ。一週間。ホントに良いのかオレ?
ココでも良いじゃ無いか?
なんか不満あるか?
ない・・・。
家族の事を考えたら良い場所だと思えた。
気持ちは決まった。

そして、親に報告。
チョット援助も期待した。
ところが親父、答えは「ヤメトケ!」
「ハァ?」何言ってるんだ僕の親?
援助も出来ないって。とてもwebには載せられない・・・。

続きを読む>>

2006-10-27(Fri)
 

今週の一冊:渓魚釣りしかの川

渓魚

書名 渓魚(さかな)つりしかの川
著者名 佐藤 成史/著
出版者 立風書房
出版年 1997.12
大きさ 20cm
ページ数 230p
一般件名 釣り

有名フライフィッシャー佐藤成史(セイジ)さんの著書なので借りてみた。
おせいじにも美しいとは言い難い表紙なので期待していなかったが、
以外に面白い物語となっている。
主に東北の渓流での釣行記を具体的な河川名を記載し綴ってある。
佐藤さんが子供のころからの渓流に対する思いや、
下半身が腫れ上がり、歩行困難となっても釣りに行ったという、
釣欲のなすがままの行動には痛く感動した。
また、後半の「釣り人の習性」という項にある「スラックスライン」は最高である。
ある、釣り師が女性に感じる倒錯の世界
一部引用すると。

まだ、ある友人はベットの中で恋人にこういった。
「君の肌はヤマメの肌みたいにツヤツヤしているね」
中略
しかし彼はさらに考える。
「この女にもパーマークがあればいいのに・・・・」

完全に逝かれている・・・!!
でもこのフレーズを読んで笑ってしますのはフライフィシャーだけであろう。
また、幽霊イワナ?など、山のもつ神聖な雰囲気や恐れなど、
森の中に分け入ったことのある人が誰しも感じる荘厳なものが表現されており、
なかなかの一冊となっていた。
ただし、渓流つりに興味の無い方にはまったく、何が良いのかわからない本となっている。
フライフィシャー万歳!!
お奨め度☆☆☆☆☆
2006-10-26(Thu)
 

ユニットバス入った!!

10/25会社帰りに現場によった。
まだ、棟梁が片付けをされており、現場を見ることが出来た。
最近はカギが掛けられており、夜の見学が難しい。

さて、今日も進捗がいっぱいあったが、
最近、更新ネタに困り気味なので小出しで行きます。

今日のお題はユニットバス。
思えば苦節12年。
今の公営団地は昭和の建物。
御風呂はコンクリむき出しに、風呂桶の隣に釜があるタイプ。
当然、体操座りで入るのだ。
おまけにシャワーは壊れてる。
とてもお客には見せられない。
そんな我が家のお風呂。
嫁がつけた名前は「囚人風呂!!」

それがどうだ!
WDでは1.8mサイズのユニットバスだ!
しかも、バスタブは半身浴対応のオーバルバスだ!!
これは類友宅にて体験済みで速採用した。
足を伸ばして入れるのだ。
これぞ、「シャバの風呂は良いな!!」状態だ。

今回のお家の中のお楽しみポイント(その1)である。
写真は後日UP予定。
2006-10-25(Wed)
 

洗面所の小窓

WDの標準は2ボールと大きな鏡の洗面所。
WD5洗面所

そんなにデカくて意味あるの?
という声もあるが、
このセンスが気に入っているんです。
無駄なモノほどカッコイイんです。
僕はそう信じてます。
だから無駄にデカイタイヤ履いた車とか、無駄にパワーのある車とか
カッコイイと思ってます!
と力説しましたが、

WD5の洗面所は窓が無いことに気がついてしまいました。
東愛知展示場のWD1は洗面所に窓があるので気がつかないが、
きっと昼間でも暗いだろう。昼間でも電気が必須かな。
これでは実用性に劣る!!
↑言ってることが微妙に違うのは気のせいです

そこで、明かり取りの小窓を付けてもらったりして見ました。
洗面所の小窓


さて、洗面所がカッコ良く決まるのか?
センス無い実用性重視となるのか・・・。
それは造作が終わってからですね。
少なくても今は洗面所であることすら想像つきません。

PS:チャリンコパンクしてる!今から夜なべしてパンク修理だ~悪夢!!

2006-10-24(Tue)
 

敷炭敷いた!

今日10/23は、あいにくの天気予報。
しかし、我が嫁の晴れパワーは本物だ!
今日も太陽が見えた。しかも作業終了後の午後は雨降った。

運送屋は予定の10時より少し前に配達してくれた。
M炭1

使ったのは太陽工業のM炭マット
以前紹介しているがもう一度URLを書いておこう。
http://www.3055.co.jp/default/mtan.html
広告料もらっていないが、そのうちくれるかも・・・期待してます。
そして今回採用したのは連結タイプ。
4枚分が引っ付いてる。長さは約2m。
M炭2


本来は点検口から潜ってやるらしいが、今回は大工さんが
床板の一部をあけてくれて作業した。
おまけにキャスター付きの寝板を貸してくれてたので作業性は良かった。
開始から約1時間半で終了。
M炭3


潜っているのは施主のmituである。
M炭マットは不燃織の袋から炭がバフバフでないので、床下でもあまり粉塵は気にならない。
とはいっても、やっぱりそこは縁の下。
家に帰り着いてから、チョット気分が悪くなった!
思えばマスクだけはすれば良かった。
よく考えたら、シロアリ消毒とかもしてあるんだった(T_T)
オエ!今日も早く寝て忘れよう。

それにしても無事終わって良かった!
ところで、今回、自ら作業した理由を少し書いておこう。
「工賃がもったいなかったから!」
ま、確かにそれはある・・・。
でも、それよりも、家づくりに参加したいのである。
棟梁は実直で口数少なく職人肌な人だ。
作業している後ろ姿から、僕はそう感じる。
本当は少し手伝わせて欲しいと思う。
しかし、我が家は僕のモノであるのと同時に棟梁の作品だと思う。
そういうところで素人が手を出すのは棟梁に失礼だと感じている。
だから、棟梁の範疇ではないところで手が出したい。
これが本音かも。
そういう意味では、今回敷き炭を自分で施工できてとても満足している。
我ながら良くやった!ホントに自己満足(笑)
M炭4

2006-10-23(Mon)
 

ドアついたぞー!

昨日は所用で行けなかったので今日はお休みだが現場に行ってみた。

外販も防水紙が貼ってあった。
それがコレである↓
防水紙2


しかし・・・この名前は何なんだ?
ギャグにしても、つまらな過ぎる。
ついでに、今なら漢字で「萌えん」にしたらもっとうけるかも。
とくだらない事を考えたりして・・・。

大窓にもガラスが入り、ドアもついていた。
ドアは工事用の仮設のドアだった。
一瞬こんなドア注文してネー!
と、驚いてみたりするが、この話は以前に誰かに聞いていたので、
あくまでも振りだけである。

防水紙1


で、ドアを開けて中の状況を・・・。
「開かねー!!」
そう、カギがかかっている・・・。
そういえば、コレもどっかで聞いたような。
かなり悔しい!!
先回の更新の配線とか、断熱材用の写真取りたかったのに。
悔しすぎる。
カギがもらえないと会社帰りの秘密の楽しみが出来なくなってしまう!
ま、仕方ない。明日カギをもらおう。

どうせ明日は敷炭作業だ。
施主自ら縁の下に潜って施工である。
ところで、明日チャント敷炭配達されるのだろうか・・・?
少し心配だ。
考えても仕方がない太陽工業の営業さん信じて、今日は早く寝よう!

2006-10-22(Sun)
 

断熱材のグラスウール

人はなぜ断熱するのか?
外断熱?
今回は僕の主観でモノを言ってみる。
要するに、どの程度の断熱を求めるのか?
これが重要である。
車で言えば、
1.昭和のカローラ
2.GTR(ノーマル)
3.GTR(改造車)
の関係にある。
要するに、今住んでいるところは昭和のカローラである。
そこからGTRに変わればすごく高性能。
GTRの改造車はノーマルに比べて性能もチョット良いが改造費もお高い。
要するにGTRで十分ではないか!という発想である。
今より十分性能は良いはずだ!
どちらかというとローコスト(僕には十分高価だが)の
WDをGTRに例えるのはチョットムリがあるかもしれないが・・・。
というところでノーマルのグラスウールとした。
確かにもっと高級な断熱材があるのは知っている。
グラスウールは湿気を吸って下に下がるという欠点を持っており、
30年後どうなるのだろう?と心配はある。
でも、そのとき考えよう。
来年、地球があるかどうかわからないのだから!
(↑それ言ったら、家建てる意味ね-だろ!)
断熱材

2006-10-21(Sat)
 

電気配線(2次)完了!回想録「電気打合せ」

10/17,18で電気配線の工事が終わった。
既に2F壁には断熱材のグラスウールが入れられ内壁の不燃板が施工されており
写真をとり損ねた。
2Fの配線はすべてお風呂のあたりに集められていたが、なぜかなと考えてやっと理由がわかった。
配電盤が洗面所に来るのだ。
電柱から来た電気は洗面所の配電盤を通って各部屋に配電される。ということで全ての配線はメッカ(配電盤)の方を向いているのである。
また、1Fの大窓以外の窓にはガラスも入っていた。これはまた後日に。

さて、本日の本題は回想録「電気打合せ」について!始まり始まり~

先週10/14現場監督さんと現場で電気打合せをした。
現場監督さんが午後も用事が入っていたので、
早足だったけどそれでも約2時間かかった。

電気配線はそもそも建物契約書に図面が入っているもので、契約前にまずハウスメーカから提案がある。
それをベースに施主の方でアレンジして契約。電気打合せは、現場で行う最終打合せだ。
メーカアレンジではLAN配線なんかは入っていないので、そういうものは追加が必要となる。
正直言ってメーカアレンジはよく考えられており、それはそれで完成されていると思う。
あとは自分たちの生活に合わせ小変更するのだけど、こだわりだすとキリが無い。
実際、僕も考えすぎモード?だな、なんて思う(現在進行形?)
では、私が考えたポイントをまとめてみよう。
・家具の配置:家具レイアウトで隠れるコンセントの移動等
・照明の配置:ほとんどメーカアレンジのまま。
・コンピュータの配置:LANとコンセント配置
・電話の配置:光ケーブル+光電話(モデム位置)
・2Fロフトの照明スイッチ:1FでもON/OFF可能とした
・外部照明:防犯照明&BBQ用?照明等
・外部コンセント:どこでも電気工具使えるように。
という具合。
で図面書いてみて・・・。
イメージ作りに展示場行って・・・。
おかげで睡眠不足まっしぐらな週末だった。
まだ使ってないから結果はわからんが・・・。
ということで。
電気配線


さびしいので完成予想をパチリ
模型

2006-10-20(Fri)
 

耐力壁

WDの契約書に入っている間取り図を見ると
とかとかとかのマークがある。
これは耐力壁のマークで、それぞれ
「ノボバン+筋交い」とか
「ダイライト+筋交い」とか書いてある。
基本的にこのマークが入っているのが構造計算上、面で強度をもたせている場所。
よって、この面をイジルと構造計算やり直し、もしくは「姉歯る!」ことになるのでBFではNO!らしい。
おかげで、こんな制約を受けた。
・キッチン横に勝手口をつけたかったが、▲でNO!だった。
・洗面所に明り取り窓を2mつけたがったが、▲が1m有りNO!で、半分の1mになった。
という具合で、お家を支えてくれるダイライト君とノボバン君をご紹介します!
ジャーン!
壁完成2

で、裏側はこんな風に筋交い入ってる場所があります。
筋交い

これがあるからドアとか窓とかつかないんですね。
ということで僕にはもう、どうでもいいことですが今からご検討の方の参考に。
ちなみにこれがダイライトのマークです。確かに強そう・・・。
ダイライト


ダイライトく~んガンバッテ家を支えてくれ!
このマーク!まるで「人柱」ですから(爆)
2006-10-19(Thu)
 

窓ついたぞー!

10/18仕事帰りに現場に寄ったら棟梁がまだ仕事されていた。
小窓にガラスがついていた。
すばらしい。家みたいだ(笑)
さて、本日のお題「窓」であるが、
我が家の窓は標準とは一味違う。
ナント大窓以外は網入りなのである。
エヘン!偉いだろう!なんて・・・。
網入りガラス


本当は何も偉くなくて準防火対応の為に網入りガラスなのである。
私のお家を立てるエリアは準防火地域。
準防火だと1Fは敷地境界から3m。2Fは境界から5mは準防火対応である必要がある。
WDは外壁がガルバリュームなので問題ないが、標準の窓&ドアでは対応できず、
準防火対応の網入りガラスにする必要があるのだ。
そして、これは喜ばざるコストアップを招いている。
契約前に営業さんはこれに気がつかず商談を進めていたが、調査の最中に気がつき、謝っていた。
ま、営業さんが悪いわけではないがチョット頭の痛い金額だった。
そんなこんなで2Fと1Fの小窓は全て網入りになってしまった。
唯一1Fの大窓だけは難を逃れた。
この窓はWDの命と言っても過言ではない!
こだけは網入りは絶対イヤだったので何とかセーフというところだ!
ちなみにこの窓は防犯ガラスにしてもらった・・・。

イケネー!今日は面白いオチがね~!
2006-10-18(Wed)
 

今週の一冊:百姓になりたい!

百姓になりたい


書名 百姓になりたい!
著者名 今関 知良/著
出版者 飛鳥新社
出版年 1999.6
大きさ 20cm
ページ数 245p
一般件名 農業

就農に関する1冊。有機農法や農業に関する技術についはほとんど書いてない。
表紙の写真がとても気に入ったので借りた。
著者:今関さんがサラリーマン生活から就農し、自給自足的な百姓生活にたどり着くまでを面白おかしく綴っている。
太陽に弱く、虫に弱くとても農業に向かないようなサラリーマンから百姓への転進。
土地ももたない、コネも経験も無いところからの50歳からの脱サラするバイタリティは感動モノ。
また、文中に出てくる、田舎の爺さん、婆さんのお節介振りと優しさにに心温まる。
とても良いエッセーだと思う。
お奨め度☆☆☆☆☆
2006-10-16(Mon)
 

サッシ入った!銀次朗いらっしゃい!

久しぶりに工事進捗の更新!

今週は忙しくてブログに手が回りませんでした。
さて、土曜日に電気打ち合わせを監督さんとやりました。
正直、木曜日に融資と電気照明見積もりの準備で、夜なべして。
金曜日は電気打ち合わせのための見直しで夜なべ。
チョット寝不足で疲れ気味です。
実際の打ち合わせは約2時間かかりました。

そして更新の本題。
現場行ったらサッシ入ってました。
まだ、枠だけだけど。すごい進歩感じます。
サッシ


また、コレはmituが某サイトの書き込み見て発注した
屋根断熱材「銀次朗」が入ってました。
銀次朗はコレ↓(光の加減で黒く見えますがアルミ色です)
銀次朗

http://www.afgc.co.jp/dk/products_search/search_result/detail/house_57.html
要するに、段ボールにアルミシートが貼ってあるだけのモノで小屋裏に仕込むと断熱効果があるとか?
カタログでは10℃下がるとか書いてあったけど・・・。ホント?
選んだ理由は実は・・・。
嫁が昔、飼っていた猫と同じ名前だったから(笑)

実は深い意味が無かったりして。何となく守ってくれるかななんて・・・。

で、施工するとこんな感じです。
銀次朗天井1

大工さん曰く効果期待出来ると思うといってくれました。
ま、無いよりは良いでしょう。
WDの天井は小屋裏無いから断熱弱そうだから、
多少は効果出るでしょう。イヤ、信じてます!
だって、追加料金払ってるんだから・・・。(爆)


2006-10-14(Sat)
 

融資手続きに銀行へ!

掟破りのバックデート更新なのだ。

10/13銀行さんに建物の融資手続きに行ってきた。
銀行の雰囲気はなんだか緊張する。
融資は下記の手順で進められる。

①仮審査
  ↓(審査&合格)
②本申し込み
  ↓(審査&合格)
③融資手続き
  ↓
④融資

僕のように土地と建物を別に買うと、都合2回やらなければならい。
幸い、土地も建物を仮審査の時点で決定していたので
①②は一度で済んだ。

注)建て売りの場合は土地&建物が一本なので1回,
土地と建物が全く別の場合(土地買って1年後に家を建てる場合は2回)
となる。

そして、今日が最後の融資手続きだ。融資の条件は屋根工事完了なので、
本当は先週土曜日に手続きと思っていたが天気が悪く屋根工事が送れた影響で出来なかった。
そこでわざわざ会社を休んで行ってきた。
要するに漢字の書き取りのように住所と名前を書き、言われるがままにマシンの様に実印を押し続ける作業なのである。
とても、事務的な手続きを約1時間半頑張って終わりである。
とても大事かもしれないが、何とも味気ない作業である。
これで、35年長期ローンの始まりである。

あ~あ!無事終わってよかったよかった!(^_^;)
2006-10-13(Fri)
 

家を建てるということ(7):トモダチ

今日はネタがないので久しぶりに。。

GWが近づきつつある、ある週末不意に学生時代の友人数人が集まる飲み会があった。
1次会は近所の中華料理やで、2次会はコンビニで酒を買い込み、産業道路をぶっ飛ばし海まで行った。(当然自転車で・・・。ウソです。運転手はゲコです(笑))
GW直前の海は少し寒かった。
学生時代の友達と会うことで気持ちは「何でも出来ると信じていた」二十歳の頃にタイムスリップていた。
昔話を魚に飲んで騒いだ。心の底から楽しかった。

翌日、2日酔いで気持ち悪かった。
モタモト起きて新聞を見ると○○土地区画整理組合の広告が入っていた。
以前にも見たような広告だった。
あのときも見に行ったが気に入る物件は無かった。
でも今回は少し違っていた。
記載されている土地情報が少し増えていた。
丁度良さそうな物件が載っていたのだ。

でも、既に時間は昼過ぎ。もう既に遅いと思った。
それでも出かけたついでに組合事務所に顔をだしてみた。
案の定先客がいた。
やっぱりな。
早い者勝ちだから・・・。
前回の教訓を生かしてダメもとで一応申し込みだけした。
回ってくればラッキー、嫌なら電話一本である。
予約するのはタダなのでである。
名前を書いて帰った。
また2番だ。どうせダメさ・・・。

続きを読む>>

2006-10-11(Wed)
 

ライフ・スタイル・シュミレータ

今日会社でお昼休みにWD公式サイト見たらいつの間にか更新されてた↓
http://www.wonder-device.com/
WDサイトの中に「ライフスタイルシュミレータ」なるモノがある。↓
これも更新?されてた。
デザインはメチャカッコイイと思った。
http://www.wonder-device.com/app/simulator/customer/index2.php
で、早速やってみた。
結果は・・・。
ナントWD1がお勧め。
今、建てているWD5は4%で適正最悪・・・。
ナンヤネン!文句あるんか~!って事で、
みなさま、あれは出来が悪そうなので信じないように。
都合の悪いモノは抹殺するのがオレ流です(爆)
2006-10-10(Tue)
 

壁完成

今日10/9体育の日は現場はお休みだと思っていた。
だから久しぶりに野良仕事に精を出して、現場に行ってなかったけど、
夕方チョット用事があってよってみた。
そしたら少し工事か進捗してた。
壁完成2

すべてのボードが入ってた。棟梁は今日仕事したみたいだ。
しまった!見に行けなかった。残念!
壁完成3

夜に書類整理してたら、銀行さん関連でBFサインが必要なモノが!
銀行の担当さんに融資の書類でBFサインが必要はものは?
って聞いたら「特に無いですよ!」って言ってたが、
またダマされるところだった。あぶない、アブナイ!
2006-10-09(Mon)
 

今週の一冊:釣り師の休日

釣り師の休日

私、mituは実は活字好き。
ただし、本が増えすぎて正直困りもの。
今回の家づくりでも本の収納は結構悩みどころだったが、
画期的方法を奥さんから提案された。
それは「捨てろ!!!」
Oh!! No!! マイコレクション!!
でも確かに収納場所は困りもの!
仕方なく泣く泣く捨てることにした。

以前は近所の古本屋の常連さん。
本当に好きな作家以外は古本屋で物色していた。
でもコレでは本がたまる。
そこで画期的は良い方法を見いだした!
それは買わない!図書館を利用すること!
読んだら返却出来る!しかもまた見たくなれば借りればいい!
一言メモをそえてブログでタイトルを記録!
ん~賢い?(でも、残念ながら人に言えないような本は書けないが・・・。)
ということで先週の一冊

書名 釣り師の休日
著者名 エドワード・グレイ/ほか著
著者名 飯田 操/編訳
出版者 角川書店
出版年 1997.12
満足度 ☆☆

イギリスの釣りに関する名著を抜粋したもの。
中にはフライフィッシャーとして気持ちの良い文章もあるが、
そうでないものも多い。
正直翻訳者があまり釣り好きとは思えず直訳っぽい雰囲気。
読むのに気合いが必要。
前に読んだフランクソーヤのイメージで借りたがイマイチ。
お勧めではない。
2006-10-08(Sun)
 

1F壁できた

10/8奥様と現場偵察。
1Fの壁が完成していた。
壁完成

チョット微妙なのは洗面所。
監督さんには明かり取りの窓を相談していたのだが・・・。
戻り工事か?連絡無いけど。

さて、基礎も乾いて来たので床下視察。
これに潜るのか?敷炭。
寝返り打てネーぞ。匍匐前進は良いとして。
匍匐後進??戻れないかも
床下

2006-10-08(Sun)
 

屋根出来た!

10/7今日は秋雨前線が去ってとっても快晴だった。
そこで施主は一言。
オセーよ!秋晴れ!
今日銀行の手続き行こうと思って予約したけど、
屋根工事ずれたからキャンセルしちゃったよ。
まったく!
ということで朝からダラダラ過ごして、
昼前に現場に行ったら棟梁は黙々と仕事されてた。
早いモノで既に2階の壁にノボバン張られてた。
屋根工事2

そして屋根上では念願の屋根工事やってた!
今日はメチャメチャ風が強くてちょっと危なげだったが、
さすが本職は落ち着いて作業してた。
僕も見に行ったが風で足場が揺れてかなりビビリ入ったね。
でも、写真取らなきゃ!と思った瞬間突風が・・・。
3ミリ、チビッタね!
屋根工事1

ちなみにWDの屋根はビニールシートだが、
このシートかなりの厚みのあるシートで、
繊維の上にビニールクロスが張ってあるモノで丁寧に野路板に接着してた。
思ったより丈夫そうだった。
2006-10-07(Sat)
 

少しずつ間柱

あー雨降ったね。やっぱり屋根工事出来なかった。
焦る必要は無いけど。銀行の融資は屋根工事完了が条件なので・・・。
営業さんごめんなさい。10月中のお支払いが・・。。なんて。
来週は晴れるみたいだから何とかなるだろう。と楽観視。

さて今日も夜の偵察
仕事帰りで暗いので写真はない。
建物は間柱が入ってた。窓の木枠も入ってた。
PC置こうと思っている場所から少し夜景が見える。
あー完成したらこの夜景見ながらブログ更新か・・・。
なんて悦にひたる。
建物が形になるとイロイロやる気がわいてくるネ。
2006-10-05(Thu)
 

上棟その後

イヤー昨日は頑張りすぎて疲れた。
ブログ更新しながら吐きそうだったもの。
おかげで早く寝たら5時に目が覚めた。
雨音で・・・。
ゲ!屋根の養生しっかりヤッテネー!
下側少し野路板むき出しダゼ!
養生

ということで監督さんに電話して養生をお願いした。
明日以降は週末まで雨の予報だから。
なぜ?誰が悪いの?と思う今日この頃。
でも、昨日は晴天で立派に棟上げ出来たので良しとする。
常に100点はあり得ないのである。
相手が自然では仕方がない。

昨日、迷惑かけた現場監督さん。
正直、第一印象は少し冷たそうで、事務的なんて思ってた。
でも、昨日一日一緒にいて、一生懸命さが伝わってきました。
そつなく?こなすタイプ。誠実人です。
今日も仕事帰り現場よったらチャンと屋根養生されてました。
シートの重ねもやりなおして。ん~!満足です。

2006-10-04(Wed)
 

上棟Live:(その2)

さてさて、上棟Liveと称して一日3回更新を狙ったが、
結局一日現場に釘付けになり、一日ボーと眺めてました。
おかげで2回更新となってしまった。

今日は天気良く、まさに上棟吉日となった。本当に良かった!
上棟2

今日は大工さんが5人とクレーンが1人の計6人。
それとBFの現場監督さん。で、我々外野が5人。
大工さんはBFの仕事いっぱいしてるそうで、WDも何件もやってるそうです。
おかげで手際よく、一本5分くらいのペースで組んでました。
上棟1

午前中に午前のお茶の時間までに1F完了。
お昼までに2F床板まで。
午後のお茶までに屋根の梁完了。このころには既に形はWDでした。
そして夕方までに野路板完了!!ハヤ!
後で屋根行ったけど。ちょっとクラクラする高さ。
落ちたら痛そう!コワ!

上棟3

そして完成。形は既にワンダーデバイスです。
あーウレシイ!ような。
夢だったら覚めないでくれ!!(笑)

2006-10-03(Tue)
 

上棟Live:(その1)

朝、いつも通り6時に目が覚めた。
でも、すぐに飛び起きた。なんと言っても
今日は上棟の日である。
まずはブログから、天気確認。「曇りのち晴れ」明日も「晴れ」! OK!!
せっかくなので始まる前に現場に行ってみた。
ん~!やっぱりベタ基礎の内側水たまってる。見なかった事にしよう(笑)
基礎水没

さて、今日は良い日でありますように!
太陽に(チョット雲の中)に手を合わせて帰ろうとしたら、
トラックが。すれ違いざまに荷台の幌の隙間から「mitu邸」の文字。
トラック

キター!!! KITキター!!!
と言う感じです。
出直して来よう。パジャマはハズ過ぎる(爆)
2006-10-03(Tue)
 

上棟前夜祭

足場

明日10/3は記念すべき上棟です。
今日、仕事帰りに現場によったら、足場組まれてました。
この雨の中、足場組んだんですね。それに床の断熱材入ってました。
準備万端です。
なんだか、うれしくて、うれしくて、叫びたい気分です(爆)
明日が楽しみです。
叫ばないように気をつけよう。
2006-10-02(Mon)
 

上棟祝い

上棟祝い

アンニーから上棟祝いを頂いてしまった。
気を使わせて申し訳ないm(_ _)m
でも、感謝!感謝!なんだかとてもウレシイ!
まるで、何かお祝いされているみたいだ?まだ、実感ネー!

今日は照明関連と、家電屋さんを物色。
どうしても愛想の良いお店に惹かれてしまう。
有松のY電気の店員は愛想が悪すぎる。絶対買わないネ。
最近の電気製品は機能が多すぎて選択も難しいが、お店選びはもっと難しい。
商品知識も怪しいヤツ多いし。ホントくだらない店員おおすぎ。
それと、電話も光ケーブル採用予定で情報収集した。
固定電話引くより光ケーブル+光電話が有利だね。
2006-10-01(Sun)
 
FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。