今週の一冊:タープの張り方火の熾し方

ープの張り方火の熾し方
今週の一冊:タープの張り方火の熾し方

タイトル タープの張り方火の熾し方
私の道具と野外生活術
著者 高桑信一/著
出版者 東京 山と溪谷社
出版年 2014.4
形態事項 238p 21cm
ISBN 978-4-635-04412-7
価格 \2400
内容紹介
ザック、渓流足袋、タープ、鋸、テンカラ竿、毛ばり…。
季節を問わず、ハードな山行をしてきた登山歴40年超えの
著者が、渓歩きの道具と野遊び作法を紹介する。
高桑/信一
1949年秋田県生まれ。NTTを退社後、
「ろうまん山房」を設立してフリーランスに。
主に取材カメラマン、ライター、渓流ガイドとして活動。
著書に「一期一会の渓」など。

なんとなく手にとった本ですが、ハッキリ言って面白かった。
著者の高桑さんは沢登りのプロ?遡行するための道具選びというか、
道具の実用的&リーズナブルな選択というか、イロイロ面白いこだわり方の紹介。
それに、焚き火の起こし方のこだわりや、渓流での食事のこだわりなども面白いが、
何より、酒や宴会に対するこだわりもナカナカ共感できるものである。
要するに遊びには酒が必要ということで。
お奨め度:☆☆☆
スポンサーサイト
2016-09-07(Wed)
 

今週の一冊:日光鱒釣紳士物語

日光鱒釣紳士物語
タイトル 日光鱒釣紳士物語
著者 福田和美/著
出版者 東京 山と渓谷社
出版年 1999.12
形態事項 255p 22cm
ISBN 4-635-36062-8
価格 ¥1800 (本体価格¥1800)
内容紹介
およそ100年前、日光中禅寺湖と湯川に始まった日本のフライフィッシング。その地を舞台に華々しい交流を繰り広げた当時の華族や政財界の重鎮、駐日外交官。日光を愛し、鱒つりに燃えた紳士達の物語を綴る。

何気なくタイトルに惹かれ手にとった一冊だったが、
江戸末期から明治・大正、そして第二次世界大戦前の
日本のフライフィッシング創生期が奥日光中禅寺湖で始まっていた。
最初に始めたの長崎で有名なトーマス・グラバー、
その後に丸沼鱒釣会が結成され、ハンス・ハンターが
有名な東京アングリング・エンド・カンツリー倶楽部が結成された。

そのメンバーには三菱財閥の岩崎小弥太がおりパトロンであったそうな。
日中はフライフィッシングに興じ、
夜は湖畔の別荘に集い楽しくお酒を飲む。
なんて優雅なんだ。

だいぶシチュエーションは違うが、湖畔の別荘が、山奥のキャンプ場である以外は
mituの釣りcampと同じである。
mituにもパトロンが居ればな~(^_^;)と思う今日このごろだった。
しかし、この本は面白かった。

お薦め度:☆☆☆☆☆(フライフィッシャー限定)
2016-08-23(Tue)
 

今週の一冊:スラムダンク勝利学

スラムダンク勝利学 (199x300)
タイトル スラムダンク勝利学
著者 辻秀一
出版者 東京 集英社インターナショナル
東京 集英社(発売)
出版年 2000.10
形態事項 181p 20cm
ISBN 4-7976-7024-X
価格 \\1000
内容紹介
スポーツも、人生も、ただガンバルだけでは意味がない。
スポーツ心理ドクターが、漫画「スラムダンク」をテキストに、
「勝つための心理学」を講義する。

mituスラムダンクというマンガは知っていたが読んでなかった。
最近、メンタルトレーニングに興味あり、この本を手にとったが、
大変わかりやすいし、すごく共感できる本で、メンタルトレーニングとは
どういう目的なのか、どんなイメージで浸透するのか、そんなことが面白く学べる。
この本自体が感動的な本だった。
心技体とは、ポジティブシンキング、セルフイメージ、ミラーの法則なんてことが
大変良くわかる。
そして「あきらめない」、「良いところを見る」、「全力投球する」、
「信じる」、「有限実行する」、「変化を見る」、「理解する」、
「怒らない」、「与える」、「楽しむ」、「感謝する」等々、
心構えについて教えてもらった。
そして、「全ては自分のためである」という、
とても大切なことを丁寧に書かれており、とてもためになる、イヤ、汚れた心を洗われる本でした。
メンタルトレーニングを勉強したい人には最初の1冊としてとてもお薦めです。
この本を読んでスラムダンク読んでみたくなりました。
大人買いしようかな(^_^;)
お薦め度:☆☆☆☆☆(買いです)
2015-12-04(Fri)
 

今週の一冊:いつも「本番に強い人」の心と体の習慣

いつも本番に強い人の心と体の習慣 (204x300)
タイトル いつも「本番に強い人」の心と体の習慣
トップアスリートに学ぶ「負けない自分」のつくり方
著者 小松裕/著
出版者 東京 日本文芸社
出版年 2012.7
形態事項 215p 19cm
ISBN 978-4-537-25950-6
価格 ¥1400
内容紹介
なぜトップアスリートは、プレッシャーを力に変えられるのか? 勝負強い心のつくり方、
ここ一番の体の整え方、力を発揮する考え方・行動法則などを、スポーツドクターが明かす。
スポーツドクターの選手へのサポートも紹介。

スポーツドクターの著者がトップアスリートと接して学んだ、
トップアスリートの強さを紹介する内容でした。
トップアスリートはメンタルが強く、
自分の体に興味を持って、体調管理のためモニタリングしている。
そのためには、ポジティブシンキングでいく必要があるようで。
でも、どうしたらポジティブになれるんか、
強いメンタルになれるんかは書いてないのが残念でした。
お薦め度:☆☆
2015-11-22(Sun)
 

今週の一冊:自転車脳の人々 ノッてしまったアナタがまさに!

自転車脳の人々 (212x300)
タイトル 自転車脳の人々 ノッてしまったアナタがまさに!
出版者 東京 辰巳出版
出版年 2013.7
形態事項 127p 21cm
シリーズ名 タツミムック
ISBN 978-4-7778-1165-6
価格 ¥1000
内容紹介
5年前に10万で買ったPCはもう使えない。でも10万の自転車は一生モノ!
走った距離を人に言うとドン引きされる、買ったばかりのライトで遊ぶ…。
自転車乗りの楽しき日常「あるある」をマンガを交えて紹介する。

ま、いわゆるマンガです。
mituもマニアではありませんが、自転車乗りなので、
自転車乗りのアルアルには笑ってしまいました。
面白かったですが、あまり得るものはないかな(^_^;)
お薦め度:☆☆
2015-11-21(Sat)
 
FC2カウンター
プロフィール

mitu

Author:mitu
フライフィッシング
SKI
BIKE
自転車
家庭菜園
キャンプ
多趣味で浮気性?
愛知県在住のサラリーマンB型男

カレンダー(月別件数付き)
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる